手作業の仕上げ


印鑑もし通販で印鑑を作成してもらうならば、その方法に注意してください。印鑑の作成方法には主に完全手掘りと手仕上げ、機械彫りという3種類が存在しているのです。完全手掘りというのは印鑑の文字作成から粗削り、仕上げまでをすべて手作業で行うというものです。こちらはとても時間がかかってしまうでしょう。そのため価格も高くなってしまいます。オリジナル性の高いものを作れるでしょう。

機械彫りというのは粗削りを中心として基本的に彫刻機械によって作業をします。また、文字作成までパソコンで行うというケースもあります。ただし、これについてはバリエーションが乏しいため、なかなか違いが出にくくなっています。激安店や大量生産しているような業者の場合は、こちらを採用していることが多いでしょう。本来の印鑑の用途を考えると、複製が容易となるため、完全に機械彫りを採用している業者を利用するべきではないでしょう。

手仕上げというのは粗削りは機械彫りにするのですが、文字の作成や仕上げは手作業で行うというものです。こちらが最も一般的でしょう。これならばオリジナル性を出すことができて、納品をするまでの時間を短縮することもできます。品質が高くて、低価格で販売されているためメリットが大きいのです。